読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなこのーと 1期2話

 このアニメのEDを聴いているとこの曲を思い出すんだけど、こういう曲ってどういうもんなんだろう。どの基準で判断するものなのか。

www.youtube.com

 音楽評論家の人たちは、曲の良し悪しを判断する基準をもっていて(音色が少ない、必要な音だけで構成されているなど)、その理にかなっていることを前提とした基準を、適切な場面でもってこられたり、それ自体がユニークであったりすると尊重されるように思う。専門家になると時代背景も絡めてくるが、おれはそのへんにはあまり興味がないし、おれがやるべきことでもないと思っているので、そんなに重視していない。

 楽曲を評価するには、「いいと判断できる視点」と「わるいと判断できる視点」の両方をたくさん持っていて、それを自由に引き出して当てはめることができる能力が必要となってくる。おれはそれを養うために、音楽に詳しい人から「この曲をどうしていい(わるい)と思ったのか」という理由をできるだけ具体的に聞き出して、他の曲にも当てはめて判断するようにしている。その「音楽に詳しい人」が本当に正しいことをいっているかどうかは、普段の発言のセンス(他者にとって糧になる発言をするか否か)から判断するしかないんだけど。

 で、この曲はどう判断すればいいのかよくわからない。いろんな要素が詰め込まれていて、ただの四つ打ちに飽き飽きしている人にとっては退屈しのぎにはなると思うんだけど、かといって調和しているようには聞こえないし、エヴァのOPみたいにこちらの思考する速度をぶち抜いたスピード感と情報量で畳み掛けてくるような感じでもない。いいならいいという理由が、わるいならわるいという理由が必要になってくる。そしてそれを明言できなければ、それは思想とは言えないと思う。まあ「聴いていていいと思わない」なら無理して聴く必要はないけど、思わぬ視点を見落としている可能性がある。幽遊白書9巻にて「戸愚呂の恐ろしさがわかるのは オメーが強くなったからだ 桑原 敵の強さがわかるのも強さのうち」と言われていたように、自分が無知だからこそその良さを理解できていないのかもしれないし、そうでないのかもしれない。音楽の知識なんてなくても、いま自分の持っている視点と類推する能力があれば当該楽曲を評価することはできるし、むしろその能力のほうが重要なのではないか。日本語しか話せなくても海外で生活できるみたいな。まあ職人の道もいいと思うし、その結果がどう出るかは運でしかないんだけども。

 話ずれたけど、このアニメはごちうさきんモザが好きな人は見るんだと思います。おれはゆるゆりが好きなのでもう見ないと思います。